日本代表選手川島永嗣

川島永嗣は埼玉県与野市出身のプロサッカー選手。現在、リーグ・アンのFCメス所属します。ポジションはゴールキーパー。日本代表選手川島永嗣は多くのチームに移籍した経験があります。大宮アルディージャ→名古屋グランパスエイト→川崎フロンターレ→リールセSK「ベルギー」→スタンダール・リエージュ「ベルギー」→ダンディー・ユナイテッド「スコットランド」→FCメス「フランス」

2016年8月、リーグ・アンのFCメスへの移籍が発表されました。しかし、クラブの公式ホームページで「川島は第3GKを務める」と発表され、スタメン出場が確約されない厳しい状態であると報道されました。

実戦から遠ざかっていることもあり、日本代表のスタメンを西川周作に奪われることとなったが、ハリルホジッチからは「彼がプレーするかどうかはまた別問題だが、経験のある選手の1人であるため、期待している」と評価されています。

2017年4月18日、第31節のパリ・サンジェルマン戦でリーグ戦デビューを果たしました。5月14日、第37節のトゥールーズFC戦ではPKをストップして、フランスの有力紙でバストイレブンに選出されました。最終的には、第3GKとして加入した2016ー17シーズンだったが、チームの第1GKとなり、代表でも正GKとしてポジションを奪い返しました。

川島永嗣が言った「今日がいいか、悪いかだけじゃなくて、5年後、10年後の自分を常にイメージする。僕はそれを繰り返してきた。」

こちらは川島永嗣の名言をまとめています。彼の話を聞くと、心に響きます。あなたも自分の座右の銘がありますか。皆さんと一緒にシェアしませんか。

「人と同じことをしていれば人と同じにしかならない!」

日本代表選手川島永嗣

「自分がどんな状況に置かれても、自分自身の役割だったり、貢献できると思ってやってきたことは変わらないし、逆にそれは自分がそういう時期があったからこそ、今、感じられることも多い。」

日本代表選手川島永嗣

「やるべきことは必ず実行する。可能性があるのに実行しない自分は嫌い。」

日本代表選手川島永嗣

「自分で思っている100%の努力は100%とは限らない。」

日本代表選手川島永嗣

「伝えたいのは、何を目標にするかではなく、そこへの到達方法を試行錯誤し、100%全力で向かう姿勢こそが大切だということだ。」

日本代表選手川島永嗣

「辛いことがあった時は、できるだけ、その一瞬を耐えてみるべきだ。また元の場所にすぐに戻らなくてもいい。少しずつ戻っていけばいい。心の火を一度消してしまうと、再点火する作業は生半可ではない。火は小さくなってもいいから消してはならない」

日本代表選手川島永嗣

こちらは2018日本代表ユニフォームサッカー日本代表新ユニフォーム「勝色」を業界で最安値に挑戦します。日本代表の応援グッズ、在庫豊富で、気になる商品があるなら、ぜひ騎士サッカーショップへどうぞ!