リヴァプール、トッテナム戦で着用した特別版ユニフォームはこんな感じ

10日、プレミアリーグの第25節が各地で行われ、リヴァプールはホームでトッテナムと対戦した。

先週末、ダービーマッチを戦った両チーム。厳しい日程も影響したのかアンフィールドのピッチは少し荒れ模様であり、ピッチに足を滑らせる選手も少なくなかった。

試合はシーソーゲームになった。リヴァプールがラザル・マルコヴィッチのゴールで先制すると、絶好調のFWハリー・ケインがトッテナムに同点弾をもたらす。そして、ダニエル・スターリッジが獲得したPKをスティーヴン・ジェラードが成功させ再びリヴァプールがリードするも、クリスティアン・エリクセンのFKから最後はムサ・デンベレが押し込み2-2に。

しかし83分、ついにあの男に待望のゴールが生まれる。後半途中出場したマリオ・バロテッリがアダム・ララーナのクロスボールを押し込み、これが決勝点に。3-2でリヴァプールが勝利し、バロテッリはこれがリヴァプール移籍後リーグ戦での初ゴールとなった。

さて、そんなこの試合を制したリヴァプールだが、このトッテナム戦では特別モデルのユニフォームで試合に臨んでいたのにお気付きだっただろうか?

この日、リヴァプールの選手たちが着用したユニフォームを見てみよう。

Liverpool 2014-15 Warrior Home Special Edition

こちらがそのモデル。胸には”Seeing is Believing”という文字とロゴらしきものが入っている。

これは、リヴァプールの胸スポンサーを務める『Standard Chartered』が実施する視覚障害者支援のキャンペーンの名称。同社では10年以上に渡り視覚障害の予防に関するサポート活動を続けており、このほどリヴァプールもこのキャンペーンに賛同したのだ。